Clova Friendsを使った音声ヘルパーコールの試作

Clova Friends の赤外線リモコン操作と連携したヘルパーコールボタン押下装置を試作しました。

1.Clova friendsからClova friends dockの赤外線リモコンを使います。

2.M5stackは、赤外線リモコンの受信機と呼び出しボタン押下用の半導体リレーを接続しています。

3.呼び出しボタンは外部接点入力がついたものを使用しています。

Clova Friends Dockのリモコンはテレビ、照明、エアコンの3種類しか操作できません。そこで、使用していない装置(ここでは2台目のテレビとしてる)のリモコン信号を利用します。”ヘルパーさんを呼んで”というマイコマンドでテレビ2の電源を入れるコマンドを実行するようにします。

M5stackはテレビ電源オンのリモコン信号を受信するとリレーを使って呼び出しボタンをオンします。

他にもスマートスピーカはありますが、Clova 連携としたのは、ご家族との連絡にはLINEを使うのが敷居が低いと判断したためです。この装置は脊椎損傷の方に1年ほど実際に使っていただいていますが、無事に動作しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。